コンセプト

施術内容

そんごくう整骨院の施術方法は主に二つの方法に大別されます。

機械を使った物理療法

施術者による手技両方

物理療法で用いられる機械とは

EMS

EMS

体の深部に電気を通すことで筋肉を動かし血流量を高めることの出来る機械です。筋肉の炎症や疼痛を緩和する効果があります。
使用方法によっては、狙った部分のみ筋肉量アップも期待できます。
スポーツをしている方にお勧めです。

トルマリンホットパック

トルマリンホットパック

トルマリンと呼ばれる鉱石を細かく研磨した粒を袋に入れ、専用の機械によって温めたものです。
トルマリンには微弱電流とマイナスイオン、遠赤外線が発生する特性があり、それで体を温めることによって筋肉がほぐれ、リラックス効果が得られます。

超音波治療器

文字通り超音波を発する機械です。
痛みのあるところ(患部)の深部まで温めることができます。
足首の捻挫、腱鞘炎、ふくらはぎ負傷などに特に効果を発揮します。
特にスポーツ障害でお悩みの方はぜひお試し下さい。

手技療法とは

手技療法

そんごくう整骨院の手技療法の大きな特徴は、経絡を刺激することによって全身の氣を整えることにあります。
「右足首を捻挫してしばらくしたら、だんだん右の腰が痛くなってきた。」
みなさんこれと似たような経験をしたことはありませんか?
人体は一ヶ所の不調が往々にして全身の問題に波及していくことがあります。
この場合捻挫が元となり体の重心に偏りが起こったのだろう、と推測することが出来ますが、「寝不足」や「ストレス」、「暴飲暴食」等々が引き金となり結果として痛みという形で現れることもあります。
そんごくう整骨院では、痛みという結果だけに捉われず、全身の氣血を整えることにより元気な日常生活を送っていただけるよう鋭意努力いたします。 また、以前働いていた整骨院でスポーツトレーナーをしていた経験を生かし、ストレッチや筋トレの指導・スポーツ障害の治療も行います。 お気軽にご相談下さい。

以上の手技以外にも・・・

テーピング療法:キネシオテープ等を用いた療法
スパイラルテープ療法:伸縮しない特殊な細いテープを用いた療法
JRC療法:主に仙腸関節と呼ばれる関節に働きかける療法

その他「AK療法」「活法」「操体法」等の理論を駆使して、一人ひとりにあった最善の手技療法をご提供いたします。